スポンサードリンク

100均材料を使って初心者の為のかぎ針編みのやり方を解説します

編み物をする時、かぎ針と棒針を使う事が多いと思いますが、
私はかぎ針の方が断然簡単だと思います。

棒針編みは編み方もいろいろで複雑な分出来る事も多いですが、
やっぱりちょっとややこしいイメージです。


今回はかぎ針を使って、編み物が初めてな方でも
簡単に編める物を紹介したいと思います。

スポンサードリンク



まず、シュシュを作ってみました。
参考にした編み方は

↓こちらの動画です↓ 引用元:https://www.youtube.com/watch?v=vlhvAbrAefM


2種類の毛糸は使わず、セリアで売っている
“ぷくぷくループ”1本で編みました。


この糸はモコモコしていて、編むとボリュームがあります。

モコモコした糸は編目が見にくいのでちょっと編みづらいのですが、
このシュシュは長編み1段なので編目が見えなくても
さほど支障は無いと思います。

かぎ針も、10号の太い物を使った方が編みやすいです。

それでも、こういう糸は引き抜く時など引っ掛かってしまう事も多いと思います。

やりにくい時は、普通にストレートの毛糸を使ってもいいと思います。


2種類の毛糸は使わず、セリアで売っている
“ぷくぷくループ”1本で編みました。

この糸はモコモコしていて、編むとボリュームがあります。

モコモコした糸は編目が見にくいのでちょっと編みづらいのですが、
このシュシュは長編み1段なので編目が見えなくても
さほど支障は無いと思います。

かぎ針も、10号の太い物を使った方が編みやすいです。

それでも、こういう糸は引き抜く時など引っ掛かってしまう事も多いと思います。

やりにくい時は、普通にストレートの毛糸を使ってもいいと思います。



セリアの“なないろ彩色”で同じように長編みを1段編んだところです。
これだけでは少し物足りないので、長編みをもう1段、

次は1目に2回づつ編んでいきます。

3段目にはこれもセリアの“ひつじちゃんナチュラル”で
細編みを1段編みました。



長編みと細編みだけでもかわいく仕上がったと思います。

最後にレースやボタンなど好きな物で、
ゴムの結び目を隠すように飾れば完成です。

動画にあるように私もグルーガンでレースを貼り付け、
ボタンは糸で縫いました。

飾り無しでもシンプルでいいと思います。

次はちょっとフリフリしたかわいらしいシュシュを編んでみました。
参考にしたのは
こちらの動画です↓ 引用元:https://www.youtube.com/watch?v=CBUWc1nXUtA




クリスマスカラーではなく、淡い2色の毛糸で編みました。



使ったのは、セリアの“NEWベビーちゃん”と“NEWアクリル中細”です。

娘用に編んだので、手首につけてもチクチクしにくい柔らかい糸を選びました。

このシュシュも、先程の“なないろ彩色”で編んだ物と2段目までは同じです。

最後の3段目が、細編みではなくくさり編みでフリルのように編んでいます。
その違いだけでもかなり印象が変わります。

次に作ったのはバラのモチーフを使ったヘアピンです。
参考にしたのは
こちらの動画です↓ 引用元:https://www.youtube.com/watch?v=90AP3LnPKVA




毛糸は先程と同じセリアの“NEWベビーちゃん”を使っています。

くさり編み、細編み、中長編み、長編みなど基本的な編み方で出来ます。

立体的でとても存在感のある仕上がりです。
ピンク以外にも色違いで何個か編みましたが、
色が変わるだけで全然違った感じに見えます。



このバラのモチーフを、ヘアピンのパーツにグルーガンで接着しました。
七五三の時など、和装でも合うと思います。

100円ショップにはいろんな種類の毛糸が売っていて、
かぎ針のサイズもいろいろ揃っています。

道具に高額なお金を掛けなくてもいい分気軽に挑戦出来ます。

いきなり本や編み図を見るより、
動画で1つ1つ確認しながら編んだ方が分かりやすいと私は思います。

とても丁寧に説明してくれている動画もたくさんあって、
本当に有難いです。

基本的な編み方を覚えれば帽子やマフラーも簡単に出来るので、
いろいろ編んで楽しんでください。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る